エアドゥの路線について

エアドゥは北海道より

エアドゥは、北海道からの交通手段として必要性があって始まった会社です。

昔は、交通手段といえば、鉄道と青函連絡船でした。

長距離、等時間で何かと利用者には不便でした。

そこで、空の便ができればという北海道民の思いを実現したのが、航空会社であるエアドゥです。

本社を北海道札幌市に置きます。

新千歳空港と羽田空港を拠点にして、運行されています。

羽田空港から、函館空港、旭川空港などの北海道各地の空港を結ぶ航空路線が充実しています。

北海道への移動、そして、北海道からの移動が中心となっている航空会社です。

北海道民にとっては、長年の移動手段の不便さからの脱却が、エアドゥの航空経路により、ずいぶん解消されました。

大手にはできなかった割安さも実現しました。

エアドゥは北海道から全国へ

北海道からのまた北海道への経路を中心に構築されたエアドゥの航空路線でしたが、大手である全日空との提携も実現し、その経路は全国への展開をしつつあります。

2013年度までに航空機を最大15機まで増加し、ボーイング737-700を9機導入し、航空路線のさらなる充実も図りました。

例えば、新千歳空港から山形空港という路線です。

東北との経路の充実です。

そして、新千歳空港から岡山空港や、神戸空港という経路です。

これにより、西日本進出を実現しました。

また、企画旅行として、帯広空港から長崎空港という経路を実現し、九州への進出も実現しつつあります。

北海道民の思いを実現したエアドゥではありますが、その経路は、全国へと広がりつつあります。